読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

順風逆風

日々吹いている風を受けて。今を大切に思いのままに綴っていきます。

梅花の香り漂い

歳時記

こんにちは。年が明けると「初春」「早春」などまだまだ寒い日々がこれから続く

ところを春の到来を告げる言葉が現れてきます。例年であれば会話はすれど1月、

2月こそ寒い季節を体感するのですが、今年はちょっと違うようです。

梅の開花

横浜市内の小生が住んいる自宅近所には毎年一番早く咲く梅の木があり、例年1月

中旬ごろにちらほらと開花を見ることができるのですが、本日すでに開花しており

ました。しかも結構たくさんの梅の花が咲いておりました。

f:id:jtakatori:20170103230254j:plain

ほんのりと花の匂いが漂い、凛とした梅の花の美しさに見とれてしまいました。

今年は暖かさがいつもの年よりだいぶ違っているようです。それが証拠に

福岡の太宰府天満宮の境内の梅が、昨年12月31日に開花して、これは

実に1997年以来20年ぶりとのことです。

菅原道真が京都で藤原氏の謀略により九州の大宰府の権師に左遷されたのは

901年のことです。菅原道真は幼少のころから梅の花を愛し、梅を題材に

した詩をたくさん創作していたようです。

京の都を離れる時に詠んだあまりにも有名が和歌があります。

「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 

              主(あるじ)なしとて 春なわすれそ」

梅への思いは、大宰府に着任したとき、京都の自宅の梅が一夜にして飛んできた

という飛梅伝説が生まれました。

菅原道真が梅をこよなく愛したのは、寒い季節に他の花に先駆けて蕾をふくらま

す梅の強さと花から漂う香りに魅入られたのではないでしょうか。

まだ他の花や木々が冬の眠りから覚めない大寒の季節に、早春の陽を浴びて開く

梅の花は新しい年の季節の始まりを教えてくれているようです。

 

 

 

 

小田原「ヒルトンリゾート&スパ」

こんにちは。年明け早々ですがあまりにも良い天気で家にいるのももったいなく

小田原まで日帰り温泉に行ってきました。

とてもとてもよい天気で小田原厚木道路からの富士山はこんなに綺麗に見えました。

f:id:jtakatori:20170102231419j:plain

ちょっと車窓からでしたので画像のバランスが悪くすいません。今年は富士山の

冠雪も少なく、上の部分が白く裾野の青い部分が広がっている富士山らしい姿を

見ることができました。正月はやっぱり富士山を見てよかったなとつくづく感じ

入りました。

ヒルトンリゾート&スパ

小田原城を遠目に見ながら、国道1号線を熱海方面に向かってしばらく走ると

右に折れ、両側のみかん段々畑を通り抜けた高台にヒルトンホテルがあります。

有名な高級ホテルではありますが、ここ小田原のヒルトンはリゾート&スパと

いうコンセプトでスパ施設が併設されています。広々とした敷地にゆったりと

施設がありとても気持ちが落ち着くホテルです。

f:id:jtakatori:20170102233019j:plain

冬でもスパでは温水のプールやジャグジーがあり、1年中楽しめます。正月という

こともあり、家族で来られている方が多かったです。それでも混雑している感じは

まったくなく穴場的スポットという感じです。カップルで来ても最高でしょう。

本日はホテルランチブッフェと温泉という日帰りコースを楽しみました。ランチ

ブッフェのレストランからは澄み切った青空と相模湾の水平線の重なりが眺める

ことができ感激しました。

f:id:jtakatori:20170102234435j:plain

おいしい料理で大満足した後は、天然温泉のあったかい湯船で体を癒しました。

ホテルの3Fにあるお風呂からも海を眺めることができこんな場所が箱根、伊豆

の他にはないのではというくらい素晴らしいスポットです。

今年の正月早々、充実度満点のいい一日でした。

 

 

 

ライフ

今週のお題「2017年にやりたいこと」

こんにちは。今年は会社を辞めて独立します。 30年以上通い続けた会社は、まだ

働く場もあり、職場のみんなもとてもいい仲間ばかりです。年収も世間よりワンラン

クいいので、退職を相談したら、10人中10人反対します。

が、私にはやりたいことがあります。独立してこれまでの経験を生かした仕事を一度

はやってみたいとずっと思って来ました。結果やりたいことが、どれだけ大変かは

ある程度想像つくのですが、のこりの人生限られた時間を考えるとここでやりたいこ

とをしていかないと後悔するように思えてならないのです。

自分の人生は自分が切り開くことで生きたことを実感できる、と書生みたいなことを

言うと笑われることを承知で、年頭に決意しました。

今年1年どんなことになるか、これまでの人生の中ではなかった2017年を生きて

行きたいと思っています。

ちょっとつらかったり、いいことがあったり、なんかだれかと新しく知り合いになっ

たりいろいろなことを、ブログに書いていきます。

今年もよろしくお願いします。

 

年末そば「味奈登庵」

グルメ

こんにちは。年末ですので、年越しそばと食べに行ってきました。

関東では結構人気店「味奈登庵(みなとあん)」です。

神奈川県横浜市内に17店舗ありますが、今回は、都筑佐江戸店に伺いました。

味奈登庵」は何と言ってもお腹一杯そばが食べられるということ。もちろん

他のそば店でも大盛やざるそばを2枚、3枚と注文すれば満腹になりますが、

こちらは、なんと無料で大盛が注文できます。しかも冷たいそばでは「富士山盛り

なる高さ30cmぐらいまでそばを増加分無料で注文できるのです。

f:id:jtakatori:20161231182048j:plain (富士山盛り

でも味が美味しくなくてはこれだけのそばは食べられません。やや細いそば麺を

自社で毎日作っているこだわりを見せており、味も喉越しも素晴らしいです。

<今年の年越しそば>

今日は、五目そばを頂きました。暖かいそばですが、具が小エビ天ぷらなど

10種類も入っており楽しみながら美味しくいただきました。

そばも大盛で満喫しました。

f:id:jtakatori:20161231183810j:plain

大晦日に美味しいそばで今年も暮れていきます。

多くの人たちがお店に来てました。

並びの時間もお昼頃はかなり長くなっていたようですが。

天気も快晴で気持ちのいい大晦日になりました。

来年も皆さん頑張りましょう!

 

 

 

 

年末の過ごし方

こんにちは。 今年も残り1日とちょっとになりました。まあ皆さん同じ感じです

よね。最近はスマホをみんなが持っているので、年末年始の過ごし方は変わってき

ました。

年賀状を書かずに、LINEで年始挨拶用の素敵なスタンプを探す。

FACEBOOKで年末の忘年会を画像をアップして挨拶をする。

年の初めのバーゲンをスマホで調べる。

おせち料理の作り方をスマホクックパッドのレシピをダウンロードする。

 

それでは小生は毎年のように年末の準備を今日もしていました。

日本人ぐらい同じように時節に応じた慣習を国民の大半が行動して過ごしている国は

他にないような気がします。毎年おなじように過ごす行動は人を安心させるのですね。

明日はそばを食べます。どこも忙しく混雑して長時間待ったりしますが、やっぱり

年の瀬を感じてみたいという感情が行動を誘導します。

今年はこのブログを始めてみましたが、来年はどれくらい続けていけるか、いけると

ころやっていきますので、よろしくお願いします。

 

今年もあと1日がんばりましょう。

オイスターの美味しさ

こんにちは。12月も残りわずかになってきました。冬本番という時節柄ですが、

小春日和という日が続いたりすると12月っていちばんいい季節かなと思ったり

します。12月になって仲間あたりから聞こえてくるのは、冬は牡蠣がやっぱり

美味しいですよね。ということで先日オイスターバーへ行ってきました。

オイスターバーグランドセントラル」

牡蠣を食べる習慣は日本独特と思っている人がいるかもしれませんが、実は刺身は

昔食べていなかったのに、牡蠣だけは欧米でも生で広く食べられていました。

世界にはそれぞれの土地に違った牡蠣があるようです。

最初の注文はやっぱり生牡蠣セットのオイスタープラッター。アメリカのクマモト

やオーストラリアのコンフィンベイなど日本の牡蠣と形も違って丸っこかったり

小ぶりだったりと見ても面白い牡蠣がありました。

生牡蠣だったら味は大体同じだろうと思いつつ口に入れると、これが見事に違う

美味しさを味わうことに。濃厚な味、甘さを感じる味、潮の香り漂う味と。

大感激です!! もちろん国産の牡蠣もあります。

生の牡蠣が苦手な人は、蒸し牡蠣がオススメです。ちなみに広島では地元の人たち

が美味しく食べる料理の一番人気はまさしく蒸し牡蠣なのです。

また、熱々のカキフライもボリューミーで食べごたえ満点。

このお店もちろん牡蠣専門店ですが、牡蠣以外でぜひぜひ食べてもらいたいのが、

クラムチャウダースープです。大人気の一品でこってりとしたスープの味の深み

がたまりません。もうこれで大体お腹いっぱいになりますが、今回は〆のご飯に

ポルチーニ仕立てのリゾットをいただきました。チーズの濃厚な味わいとポルチーニ

香りがマッチして正に絶品でした。

ワインもかなり進んだところで、ニューヨークから進出のオイスタバー「グランド

セントラル」の牡蠣料理を堪能しました。

牡蠣がおいしくなり、また食べたくなるこの季節にオススメのお店です。

f:id:jtakatori:20161226234400j:plain

 

 

 

 

 

 

雪になるかも

こんにちは。11月下旬はまだ紅葉の見ごろの時期なのに明日は東京に雪が降るかも

しれいないそうです。

11月に東京での降雪になると観測史上初めてということです。

夏は記録尽くめの高温気象で温暖化が叫ばれていますが、冬になると東北、北海道で

大雪でとなり、夏は暑すぎ、冬は寒すぎとなってきている日本列島です。

見てみたい雪景色

某企業の大学生へ「雪景色を見に行くならどの都道府県か」というアンケート結果が

出ていました。ランキングは次のとおりです。

第1位 北海道  220人(54.5%)
第2位 京都府    20人( 5.0%)
第3位 東京都    19人( 4.7%)
第4位 新潟県  15人( 3.7%)
第5位 神奈川県 13人( 3.2%)

ということで、当然ですが雪景色といえば北海道、北海道といえば雪というイメー

ジが全国的いかに浸透していることがわかりますね。京都はやはり日本伝統の古都

の街並みの美しさに雪が加わることでことさら雅な風情を感じることになるからで

しょう。神社の鳥居や社殿の板塀の朱の鮮やかさに対し、屋根に積もる雪の白が見

事なコントラストを描いてくれます。さしずめ上賀茂神社あたりが見事な雪化粧を

見せてくれるでしょう。

次が首都東京です。1年になんどと積雪がないこの人口的な街には雪が似合わない

気もしますが、やはり普段あまり見られない景色を見てみたいという気持ちはわか

ります。今にもし雪が降るのであれば、絵画館前のイチョウ並木の雪化粧はなんと

もいえない一枚の絵になることでしょう。また皇居のお堀の石垣に付く雪をみると

かつて雪の日に起きた大きな事件、桜田門外の変忠臣蔵の吉良邸討ち入りが思い

出されます。昭和の時代には226事件当日が雪で、東京での雪はちょっと翳の

イメージもあるように思います。

でも雪国以外の人には、まれには自分の住んでいる街に雪が積もり、普段見慣れた

空間が一変する景色が一番印象的でないでしょうか。雪で大変な思いをしている

方々には顰蹙を買うことですが、たまに訪れる東京の雪景色も見てみたいものです。

f:id:jtakatori:20161124004424j:plain