読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

順風逆風

日々吹いている風を受けて。今を大切に思いのままに綴っていきます。

駅前の落葉

こんにちは。駅前での光景です。

落葉の歩道

駅の改札をとおり抜けると、傘をカバンが取り出し、黒い生地を広げた歩き出した。

駅前にはお決まりのロータリーが中央に噴水のある人口池を取り囲んでいる。

赤茶色のレンガが敷き詰められた歩道も車道に沿っていて、そこにはプラタナス

街路樹が並び立っている。街路樹の葉は、秋の到来を奏でるかのように赤や黄色に

色づき、その葉が歩道に重なっている。夜空には目を凝らさなくてもうっすらと

見えるどんよりとした雨雲が漂い、冷たい雨が歩道の枯葉を濡らしている。

それほど夜半ではないのに、人通りは少ない。家路の方角と反対回りへ足を歩み

だしていた。ふと黒い生地が切れる視界が通る少し先に、すらりと伸びたジーンズに

包まれた少女の足が見えた。傘を上げ視野を広げると黒髪をポニーテールに

束ねた少女が足元を見つめている。白いスニーカーを交互に動かし、さらにつま先

立ちをしたり、クロスしたりして静かにリズムをとる。

こちらの視線には気づかない。母親か誰かが駅に車で迎えるのを待っているようだ。

少女は大きなアクションで手を広げたり、回転したりはしない。ただリズムをとり

足を動かしている。思いのほか立ち止まり見入る。駅のロータリーに、電車と同じ

会社のバスが終点の停留所に向かって入ってきた。バスのヘッドライトが歩道の落

葉を照らし、そして少女の顔に光が当たった。少女はふと顔を上げた。

視線が合うと一瞬の間でこちらを見つめ、さらに少しはにかんだ笑顔が浮かんだ。

でもすぐにこちらに興味がなさそうにまた足元に視線を置く。つま先立ちしそうに

なりながらリズムをとり、雨に濡れた落葉の上に足を交互に動かしている。

少女の前をとおり過ぎる。ちょっとだけ視線があった。少女は紅い頬にはにかんだ

微笑みを返してくれた。冷たい雨が風に踊って降りかかってきた。

f:id:jtakatori:20161122001639j:plain